杉並区

長く人気を集める居住エリア、杉並区とはどんなところ?

杉並区は長く人気を集めている居住エリアです。
利便性が高い中央線が区の真ん中を走っており、区の印象も2つに別れています。

東側は商店街があり活気溢れるゾーンです。
古着屋が100件もあり最近ではサブカルチャーの街としても栄えている高円寺、地元在住のアーティストが多く住んでいる阿佐ヶ谷があります。

西側は落ち着いた雰囲気のある住宅地ゾーンです。
太宰治をはじめとして文豪が住んでいたことでも知られており、一戸建てが多く立ち並んでいます。
駅にはアーケード商店街も多いので生活しやすい地域です。

区の南西部には京王井の頭線が走っており、このエリアも一戸建てや中低層のマンションが多いです。
善福寺川緑地や和田堀公園、善福寺公園、柏の宮公園といった公園も多くありますから、緑が多く栄えた場所と自然の豊富な場所とが共存している地域です。
最近ではイベントも多く開催されているので外に出なくても区内で十分楽しむことができます。

治安も良くアクセスも良い杉並区

杉並区は建物火災発生率がトップの低さであり、刑法犯認知件数も3位というとても安全評価の高い地域です。
街の中には緑も多いですが、治安も良いですから女性や子供が一人で歩くこともあまり心配がいりません。

駅の近くには商店街がありますし、街には公園もありますから住みやすい環境でもあります。
これだけ住環境が整っていて、さらには区を南北に環状八号線が走っているので都心にも出やすいです。

中央自動車道にも連結していますから、郊外への外出も便利です。
車を持っていれば生活範囲が広がりますし、休日の過ごし方の幅も広がります。

安定的な資産価値を誇る杉並区

杉並区は住宅地として根強い人気を誇る地域です。
東京都内の中でも不動産価格としては決して高価すぎず生活もしやすいのでコストパフォーマンスとしてはとても高いです。
昔からの落ち着いた住環境と個性的な街とが混ざっているために他にはない独特な雰囲気も人気を集めています。

山手線の外にある地域であるために、少し不便に思われてしまうこともあります。
しかし、丸ノ内線があるために都心へのアクセスは便利です。

住宅街として人気のエリアには浜田山があります。
人口密度も低く低層の建物が多いということで景色も良く久我山と並んで人気エリアです。

昔からの人気エリアである荻窪は住宅街と商業地とがあるために生活がしやすいです。

都市公園や緑地は区画整理のために少なくなっていますが、敷地面積の大きな一戸建てが多くあるので自然は多くあります。
荻窪エリアは最も地価が高く、坪単価720万円で今後もこの地価は維持すると見込まれています。