不動産キャリアパーソン

まだ歴史の浅い資格

不動産キャリアパーソンという資格は歴史がまだ浅い資格となっています。
しかし不動産業界で働く人には非常に大切な資格となっており、特に実務において重要な存在となっています。
2013年から始まった資格になっており、前述の通り実務に必要な知識が身につきますので、これから先は不動産業界で働きたいと考えている人にはニーズの高いものだといえるでしょう。

どのような業界でも同じですが、不動産業界についても新人教育を行っています。
新人教育をする中で人手不足になってしまう不動産業者や、あまりにも忙しすぎてしまい、新人教育に値する時間を割いているのが難しいという業者などでも、こちらの資格は大いに役立ってくれるのです。

参考書などを見てみると新人教育の一環とも受け取れる内容が凝縮されています。
不動産キャリアパーソンの資格については重要事項の説明や署名捺印などをするための役割は持っていません。
しかしながらその他、不動産業界で役立つ資格と大きな違いは、実務に役立つということです。

新人は知識がなくミスをすることも多い

不動産業界で働いていく中で、新人さんというのは様々なミスをしてしまうことが多いことをご存知でしょうか?
これは基本的な知識がないことや物件調査をする際にも見落としてしまうポイントがあるからです。

しかし、不動産キャリアパーソンの資格を取得するためには、このあたりも基礎がしっかりと身につきますので物件調査を行う際にも、見落としてしまうという事がありません。
新人としては次から次に新しい知識を身につけながら働きますが、すでにそういった基礎的知識を身につけた上で働けるメリットがあるのです。

顧客からの質問に対してもある程度ならば説明を行うことができ、さらには多少のアドバイスをすることもできるでしょう。
上級資格を持っていても、基礎的部分は勉強することがなく見落としてしまうことや知らないこともあります。
そんな時でも不動産キャリアパーソンの資格を持っていれば、同じような悩みを抱える必要がなくとても安心です。

申し込み方法など

不動産キャリアは、その資格を取るためには全国宅地建物取引業協会連合会のサイトで申し込むことになっています。
こちらに申し込みを行い、その後は料金を支払いますが料金の支払いはコンビニでも可能となっています。
その後教材が先方から送られてきますので、この教材を使って勉強していきます。

基本的にはインターネットで動画を視聴するといった方法がメインになりますが、この他にも、手元にある教材を参考にしながら勉強することが可能です。
講座を受けた後の修了試験は1ヶ月に2回行われていますので、万が一今月の試験に不合格となってしまった場合でも、来月再びチャレンジすることができます。

ただし、申し込みから12ヶ月以内に終了試験を受けなければならないといった決まりがありますので、この期間を意識しながらしっかりと勉強していきましょう。