不動産仲介士

宅建を持っていなくても信頼が得られる

不動産仲介士の資格は、どの場面で役立つのかと疑問に感じる方もいるようです。
不動産業界で最も精通しているものといえば宅地建物取引というものになりますが、こちらの宅建資格を持っていない方でも不動産仲介士の資格があれば、大きな信頼を得ることができます。

コミニケーション能力をはじめとして税務関係や法律、さらにはビジネスマナーとして不動産に関する様々な知識を持っていますので、これは不動産業者として活躍していくためには大きな後ろ盾になってくれるでしょう。
また、最終的には宅地建物取引主任者の資格を取りたいと思っている方にも役立ってくれる資格となっています。

不動産仲介士の試験を受けるためには、NPO 法人日本レジデンシャルセールスプランナー協会に入会しなければなりません。
その上で必要な講義に参加することによって資格が与えられることになっています。
ただし最後には試験がありますので、この試験に合格しなければなりません。

不動産仲介士になるために必要なのは基礎知識だけではなく、建築知識や時事問題なども含まれてきます。

独占権は無いけど優遇される

不動産仲介士の資格そのものには独占権がありません。
しかしながら独占権がないからといって、全く役に立たないかと言えば上記の通り非常に役立つのです。
宅地建物取引主任者の資格を取る際にも前述の通り役立つことが知られており、前もって基礎的な知識を持った上で的確なアドバイスをすることができるため、顧客からの信頼を得ることになります。

不動産業界ではプロとして活躍できる資格ですので、習得しておいて損をするようなことはありません。
また、多くの不動産業界における資格の中でも比較的取得しやすいといったメリットがあります。
中でも一番難しいのは不動産鑑定士と言われているのですが、こちらの不動産仲介士についてはさほど難しくありませんので、チャレンジする際にも勉強量などが少ないといえるでしょう。

まずは基礎知識のためにも取得する

不動産仲介士はお仕事をしていく上で十分役に立ってくれる資格です。
そのためまずは、不動産業界において様々な基本的な知識を身につけるためにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
その上でステップアップしながら複数の資格の取得に挑戦していくというのが1番ベストな流れとなります。

最初から難しい国家試験に挑むというのも決して悪くはない方法ですが、まず基礎的な知識を身に着け資格を取ることによって、自分でも自信が持てるようになるでしょう。
その上で国家資格などを目指していけば、すでに基礎的部分は自分の頭の中に入っていますので、その他の部分を新しく勉強すればよいことになります。
国家試験に向けて勉強量を絞り込み、さらには時間も短縮していけるために不動産仲介士の資格から取り始める人もたくさんいます。