ホームインスペクター

住宅のドクターとして活躍する資格

新しい住宅を購入する際や、これまで住んでいた住宅を手放す際には住宅そのものがどんな状態なのかを調べる必要があります。
欠陥の有無をはじめとして、住宅の劣化状況などをしっかりと確認しなければ適正価格を知ることはできません。

こういった部分から住宅診断を行いますが、この住宅診断のことをホームインスペクションと呼んでいます。
建物がどういった状況なのかを知ることによって、前述の通り、適正価格での取引を行うことができるでしょう。
また、あまりにも劣化状況などが広ければ、まずはこういった劣化状況を回復した後で手放すといった方法なども選ぶことができます。

まずは住宅がどのような状態なのかを知らなければ、その先に進むこともできません。
わからないからといって不動産業者に言われるがままリフォーム費用などを支払ってしまえば損をすることもあるわけです。
また、見た目では分からずに綺麗だからといって住宅を購入したら、内部的には欠陥がとてもたくさんあったという状況になってしまうのも避けたいところ。

そのためにも、ホームインスペクションを行う必要があるのです。
ここでしっかりとしたホームインスペクションが行えるのが、ホームインスペクターになっています。
耐震診断を行うことなども可能になっていますので、近年ではとても重要が高くなっている資格です。

住宅についてのアドバイスをして安心させることができる

ホームインスペクターとして働くことになると前述の通り、さまざまな住宅診断を行っていくことになります。
それは住宅診断士とも言われており、現時点で住宅がどのような状況なのかを目視などでチェックしていくことになります。

その上でメンテナスが必要な部分やリフォームが必要な部分などをアドバイスし、さらにはおおよその費用などを一つの相場として依頼の時に伝えることとなります。
あくまでも中立的な立場でアドバイスするといった専門科になりますので、感情論などは一切関係なく住宅を購入したい方や売却したい方からの信頼を得ることにつながります。

診断を行った際には口頭で伝えるだけでなく、どのような部分を診断したのか報告書をしっかりと作ることになります。
また診断をする項目についてもあらかじめ決められていますので、このような決まりに基づいて行っていきます。
外回りや室内床下屋根裏、天井裏、設備の状態などをしっかり確認した上で、最終的には報告書を作ります。

この報告書を持って依頼主はその後のメンテナンスや購入などを考えますので、ホームインスペクションを行うか、行わないかで住宅に対する信頼度や不安度が大きく変わってくるのです。

所要時間や収入

ホームインスペクターがお仕事をする際には、一件あたり2時間から3時間程度となっています。
また料金に関してはそれぞれの業者で違いますが独立して働く事も可能となっており、一般的な相場を見ていると5万円前後となるようです。
一軒ごとの住宅診断を行う際にはにこれが収入になっていきますので、信頼を得て、顧客が増えれば増えるほどご自身の収入も多くなっているでしょう。

ホームインスペクターになるためには、あらかじめ申し込みをした上で試験会場に出向く必要があります。
択一式の試験となっており90分間で50問が出題されます。
1年に一度の試験となっていますので、チャンスをのがさず申し込みをしましょう。
NPO 法人日本ホームインスペクターズ協会が行っている試験となり、特に受験資格などはありません。