世田谷区

都内でもトップの住み心地、世田谷

世田谷といえば住みやすい街として大人気の地域です。
電車の路線も東急線と小田急線とが走っており、二子玉川や三軒茶屋、下北沢といった人気の街が広がっています。
このような商業地としても人気のエリア以外にも等々力、上野毛、成城学園といった住宅街エリアも多いです。

世田谷は都内の中心地に近い場所でありながら自然が豊かなことでも人気です。
砧公園や馬事公苑、駒沢オリンピック公園といった大きな公園はもちろんですが、寺社の木々や中層の河川、土手といった場所もありますし計画的に緑道が作られ整備もされています。
緑地率の高さがあるので子育て世帯も住みやすいとして人気です。

昔から芸能人や著名人が多く住んでいるというエリアとしても有名です。
その理由として都心へのアクセスのしやすさ、生活環境の充実といったことが言えます。

面白い地域も多数ある地域

世田谷は一括りにするだけでなく、それぞれの地域を見ていくと個性が強くとても面白い地域です。
それぞれの地域に独自のルールや地域性もあるので生活する際には地域性を理解しておくことが望ましいです。

特に地域性が強いのが成城です。
成城といえば高級住宅地としても知られています。
元々は大正時代に成城学園跡地が宅地分譲されたこと、東宝映画のスタジオができたことから著名人が住み始めたことで知名度を上げました。

今でも自然が多く街並みも整っているのは成城憲章のおかげです。
この成城憲章というのは建物の高さや道路幅といったことの取り決めであり、この決まりのおかげで緑豊かな景観を維持できています。

それ以外にも環境が整っていることで知られているのが桜上水です。
桜上水は桜並木や北沢川緑地といった水と緑が広がるエリアです。
大規模開発によって世田谷の下町感が消え、新たな建物も増え人気エリアへと変わっています。

世田谷の地価公示

世田谷は東京都内でも全国的にも地価の高いエリアです。
地価平均値として坪単価205万円で、東京都内では13位、全国で24位の高さです。

地価の上昇や下降といったものがあるものの、今でも全体的に地価が高い地域でもあります。
中でも地価の高いのが下北沢、太子堂といったエリアですがこれらの地域は前年比では下降傾向にあります。

それに対して地価の上昇が目立つのが東急線沿線エリアです。
三軒茶屋、池尻大橋、都立大学といった渋谷に近いエリアは人気でどこも地価が上昇傾向です。

地価平均が下がっているエリアがあるとはいえ、基本的に世田谷全体の地価は高いですし上昇傾向は強いです。
今後も当面世田谷の人気は続く見込みであり、地価は現状維持から上昇する地域がほとんどであるといえます。