カテゴリー別アーカイブ: 土地相場~東京編~

荒川区

下町風情の残る荒川区

荒川区といえば多くの人が下町というイメージを持っています。
周辺地域には足立区、台東区、墨田区、北区といった地域が並んでおり、昔からある地域がほとんどです。
昔ながらの区画が多いので、道が狭くごちゃごちゃしている印象を持たれがちです。

荒川区の特徴として、昼間人口より夜間人口が多いというものがあります。
区外からくないへの通勤通学をしている人よりも他の地域に出ている人が多いのです。
ただし、その数もあまり多くなく昼夜での人口の変動はあまり多くはありません。

このような傾向があるのが荒川区に住んでいる人の多くが区内での移動をしていることが多いということです。
外国人も多く住んでいるエリアもあり、昔ながらの街並みと新たな街並みとで少し変わった街となっています。

荒川区で人気のエリア

荒川区の中でも西日暮里は個性的な地域です。
商店街があるものの大型スーパーがなく昔ながらの街並みです。

昔は家賃相場もとてもリーズナブルだったので学生の一人暮らしが多くいる地域でした。
しかし交通アクセスが良くなったことで最近では地価も上昇しておりビジネスマンも増えています。

日暮里駅周辺は西日暮里よりも少し都会のイメージが強い地域です。
下町っぽいエリアも残しつつも高層マンションがどんどんと立ち並んでいることで新興住宅地ができています。
荒川に近い方はまだまだ土地開発が進んでおらず昔ながらの街並みが続いているので、駅から荒川区の中心に向かう方が治安が悪くなるということが言われることが多いです。

都電荒川線沿線も住みやすいとして知られています。
特に三ノ輪橋周辺エリアは商店街だけでなく大きな商業エリアもあるので日常生活には事足りません。

荒川区の地価公示価格の変化

荒川区は地価公示価格は171万円であり、これは東京都の57市区町村の中で17位です。
全国的に見ても31くらいですから全国的にも高い地価であるといえます。

2008年度から地価が下降傾向をたどっていましたが、2011年にとまりそこから上昇傾向を見せています。
2017年度は上昇率が4パーセントを超えており、これは都内でも10番目です。

地域別に見ても、日暮里エリアは地価の上昇が6パーセントを超えている地域が多く、これからも新たな大型マンションの建設が続く間、地価は上昇傾向が続くことが予想されています。
全体的に日暮里エリアや三ノ輪エリアは人口増加率が高いですから、まだまだ地価の上昇が期待されています。
荒川区内は都市開発が進み始めており、以前の治安の悪いイメージも変わりつつあります。
このまま地区のブランドイメージが変わり、人口増加が続けばさらに地価は上昇することが期待されています。

杉並区

長く人気を集める居住エリア、杉並区とはどんなところ?

杉並区は長く人気を集めている居住エリアです。
利便性が高い中央線が区の真ん中を走っており、区の印象も2つに別れています。

東側は商店街があり活気溢れるゾーンです。
古着屋が100件もあり最近ではサブカルチャーの街としても栄えている高円寺、地元在住のアーティストが多く住んでいる阿佐ヶ谷があります。

西側は落ち着いた雰囲気のある住宅地ゾーンです。
太宰治をはじめとして文豪が住んでいたことでも知られており、一戸建てが多く立ち並んでいます。
駅にはアーケード商店街も多いので生活しやすい地域です。

区の南西部には京王井の頭線が走っており、このエリアも一戸建てや中低層のマンションが多いです。
善福寺川緑地や和田堀公園、善福寺公園、柏の宮公園といった公園も多くありますから、緑が多く栄えた場所と自然の豊富な場所とが共存している地域です。
最近ではイベントも多く開催されているので外に出なくても区内で十分楽しむことができます。

治安も良くアクセスも良い杉並区

杉並区は建物火災発生率がトップの低さであり、刑法犯認知件数も3位というとても安全評価の高い地域です。
街の中には緑も多いですが、治安も良いですから女性や子供が一人で歩くこともあまり心配がいりません。

駅の近くには商店街がありますし、街には公園もありますから住みやすい環境でもあります。
これだけ住環境が整っていて、さらには区を南北に環状八号線が走っているので都心にも出やすいです。

中央自動車道にも連結していますから、郊外への外出も便利です。
車を持っていれば生活範囲が広がりますし、休日の過ごし方の幅も広がります。

安定的な資産価値を誇る杉並区

杉並区は住宅地として根強い人気を誇る地域です。
東京都内の中でも不動産価格としては決して高価すぎず生活もしやすいのでコストパフォーマンスとしてはとても高いです。
昔からの落ち着いた住環境と個性的な街とが混ざっているために他にはない独特な雰囲気も人気を集めています。

山手線の外にある地域であるために、少し不便に思われてしまうこともあります。
しかし、丸ノ内線があるために都心へのアクセスは便利です。

住宅街として人気のエリアには浜田山があります。
人口密度も低く低層の建物が多いということで景色も良く久我山と並んで人気エリアです。

昔からの人気エリアである荻窪は住宅街と商業地とがあるために生活がしやすいです。

都市公園や緑地は区画整理のために少なくなっていますが、敷地面積の大きな一戸建てが多くあるので自然は多くあります。
荻窪エリアは最も地価が高く、坪単価720万円で今後もこの地価は維持すると見込まれています。

北区

実は住みやすい場所?北区について

北区というのは東京都の中でもどこにあるかわからない、と言われることも多い地域です。
勝手なイメージで治安があまり良くない地域と思われることも少なくありません。
確かに昔は下町ゆえに治安が良いとはいえない地域でしたが、今では住みやすい環境の整っている地域へと変わっています。

北区は東京都内では犯罪発生率は7位であり決して治安が悪いと思うような地域ではないのです。
昔は決して治安が良くない状況でしたが、区内でパトロールを強化していますし防犯意識を高めるための取り組みをしており、格段に良くなっているのです。

もちろん今でも一部限られた地域ではあまり治安が良いといえない場所もあります。
しかしこれはどこの地域に住んでも言えることであり、逆にいえばそのような地域があるからこそ取り組みをしっかりとしていることで安心できるともいえます。

王子や十条といった昔ながらの街も多く生活しやすい環境が整っています。
昔ながらの下町であること、駅前に商店街があることで日常生活には困りません。

また、北区はJR埼京線と京浜東北線が走っています。
このため新宿や東京へのアクセスも良いです。
通勤通学にとても便利ですし、自宅周辺で揃えられないものもすぐに買い物に行くことができます。

北区で人気のエリア

北区でも生活がしやすいとして人気のエリアがいくつかあります。
その一つが上中里です。
上中里は北区の中でも南にあるエリアであり、京浜東北線沿線です。

北区は基本的にJRの主要駅は治安があまり良くない印象が保たれることが多くあります。
しかし、上中里はそのような中でも治安が良く繁華街もあるので安心して生活ができます。

同じく駅周辺エリアの治安が良いことで知られているのが東十条です。
ここは子育て中のファミリー世帯にも人気です。

北区の地価公示価格の推移

北区の地価公示価格は坪単価で186万円です。これは23区で15位です。
地価の推移としては2008年まで上昇傾向だったのが一時的にストップし下降していきます。
しかし、その後防犯対策や再開発が進んで上昇傾向を取り戻している状況です。

地価相場もこの1年で平均3パーセント上昇していますし、エリア別に見ても多くのエリアで上昇傾向は強いです。
特に赤羽や王子といった地域は5パーセント以上上昇しています。

これから防犯対策を強化したり、古い町並みを整備したりといった取り組みによってさらに地価は上昇することが期待されています。
街のイメージを変えて住みやすいクリーンな街という印象を打ち出していけばさらに上昇傾向は強まることが予想されており、北区は今後の地価上昇に期待が集まっています。

大田区

23区最大の面積を誇る大田区

東京都大田区は23区でも最も大きな地域です。
そのため住む町の選択肢も多いですし、街のカラーも様々です。
区の北部には田園調布エリアのような高級住宅街エリアがありますし、そこから多摩川沿いに下っていくと蒲田をはじめとした羽田空港エリアがあります。

このような様々な地域を持つ大田区ですが、今は子育てに強い味方となることを目指した取り組みを積極的に行なっています。
東京湾や多摩川といった水辺があり、その周辺には自然環境も豊富です。
そのため親子参加型のイベントでフィールドワークや里山探検、工作や生物観察といったことを開催しています。

また、ペットを飼育している世帯が増えたことからペットの受け入れについても積極的です。
公園のドッグラン建設やペット同伴で過ごせるバーベキュー場といったところも整備をしています。

大田区は町工場も多く4000もの工場が現在も稼働中と言われています。
そこで、子供達や保護者に向けて工場見学やものづくり体験も開催しており、子供達に多くの学びの場を提供する取り組みにも積極的です。
待機児童問題にも取り組み成果を上げており、子育て世帯の流入が今後も増えることが見込まれています。

オリンピックや羽田空港のハブ化で開発が進む地域

大田区は再開発地域が多いです。
特に羽田空港沿岸エリアはこれから迎える東京オリンピックと羽田空港のハブ化の影響でどんどんと大型マンションや高層マンションの建設が進んでいます。

マンションの平均価格も年々上昇をしています。
ファミリー世帯が増えていることもあり、2LDK以上のファミリー向け物件も増えていることも特徴的です。

今までは大田区内で住みやすい地域といえば田園調布や山王といった東急線沿線のエリアが中心であり、羽田空港界隈は下町とか住みにくい、治安が悪いといったネガティブな印象も強くありました。
しかし、最近ではどんどんと再開発が住んでおり新たな住宅も増えていて印象も変わりつつあります。

大田区内の地価公示価格

大田区は東京都内でも地価ランキング14位、全国で25位のエリアです。
高級住宅地として有名な田園調布を有しているため少し低めに見えますが、それでも坪単価は194万円です。

住居用の宅地としてみれば田園調布や雪谷といった地域は相変わらず高いですし上昇傾向にあります。
最近下火傾向といった言われ方もしますが、やはり生活環境は整っていますし歴史もあるので根強いです。

しかし、それ以外のエリアとして蒲田エリアは宅地も商業地もどんどんと地価の上昇が著しいです。
オリンピックに向けて、羽田空港ハブ化に向けての動きが進んでいるため、この辺りのエリアは地価も今後まだまだ上昇していく見込みが強いと考えられています。

世田谷区

都内でもトップの住み心地、世田谷

世田谷といえば住みやすい街として大人気の地域です。
電車の路線も東急線と小田急線とが走っており、二子玉川や三軒茶屋、下北沢といった人気の街が広がっています。
このような商業地としても人気のエリア以外にも等々力、上野毛、成城学園といった住宅街エリアも多いです。

世田谷は都内の中心地に近い場所でありながら自然が豊かなことでも人気です。
砧公園や馬事公苑、駒沢オリンピック公園といった大きな公園はもちろんですが、寺社の木々や中層の河川、土手といった場所もありますし計画的に緑道が作られ整備もされています。
緑地率の高さがあるので子育て世帯も住みやすいとして人気です。

昔から芸能人や著名人が多く住んでいるというエリアとしても有名です。
その理由として都心へのアクセスのしやすさ、生活環境の充実といったことが言えます。

面白い地域も多数ある地域

世田谷は一括りにするだけでなく、それぞれの地域を見ていくと個性が強くとても面白い地域です。
それぞれの地域に独自のルールや地域性もあるので生活する際には地域性を理解しておくことが望ましいです。

特に地域性が強いのが成城です。
成城といえば高級住宅地としても知られています。
元々は大正時代に成城学園跡地が宅地分譲されたこと、東宝映画のスタジオができたことから著名人が住み始めたことで知名度を上げました。

今でも自然が多く街並みも整っているのは成城憲章のおかげです。
この成城憲章というのは建物の高さや道路幅といったことの取り決めであり、この決まりのおかげで緑豊かな景観を維持できています。

それ以外にも環境が整っていることで知られているのが桜上水です。
桜上水は桜並木や北沢川緑地といった水と緑が広がるエリアです。
大規模開発によって世田谷の下町感が消え、新たな建物も増え人気エリアへと変わっています。

世田谷の地価公示

世田谷は東京都内でも全国的にも地価の高いエリアです。
地価平均値として坪単価205万円で、東京都内では13位、全国で24位の高さです。

地価の上昇や下降といったものがあるものの、今でも全体的に地価が高い地域でもあります。
中でも地価の高いのが下北沢、太子堂といったエリアですがこれらの地域は前年比では下降傾向にあります。

それに対して地価の上昇が目立つのが東急線沿線エリアです。
三軒茶屋、池尻大橋、都立大学といった渋谷に近いエリアは人気でどこも地価が上昇傾向です。

地価平均が下がっているエリアがあるとはいえ、基本的に世田谷全体の地価は高いですし上昇傾向は強いです。
今後も当面世田谷の人気は続く見込みであり、地価は現状維持から上昇する地域がほとんどであるといえます。