カテゴリー別アーカイブ: 土地相場~東京編~

立川市

東京多摩地区の中心部立川市

立川は周辺を8つの市に囲まれている多摩地区の中心部とも言える場所です。
市内にはJR中央線、青梅線、南武線が走っており都内と神奈川へとアクセスすることができます。

立川市はもともと幕府の天領として農業を中心として発展した地域です。
明治以降に立川駅や立川飛行場ができたことで人口増加が進み、商業地としても発展しました。
戦後には飛行場が米軍基地になり昭和52年に返還されるまでは一時的に墓地の街となりました。

市内でも多摩エリアは交通の要所として、立川駅周辺エリアは商業都市として発展をしていきます。
多摩モノレールが開通したことで市内の縦方向での移動が可能になり生活環境が一変したのです。
これによって立川駅はさらに商業施設が参入しましたし、市内の生活エリアが拡大されました。

立川は東京駅までも40分ですから都心へのアクセスもとても良い地域です。
自然も多いですし、立川駅周辺で必要なものが一通り用意できる生活環境の良さから人気のエリアへと変わっており、今後も成長することが期待されています。

立川市の土地価格の変動

立川市は地価公示価格が139万円と都内でも22位の地域です。
全国的にも高いものであり、上昇率も高いです。

ここ10年間の地下の平均価格を見ると2008年にピークを迎えた後下降傾向を辿ります。
2012年に下降傾向が止まり、そこからまた上昇を続けていきピーク時の価格まで戻っています。
特に2015年には地価の前年対比でみると22パーセントも上昇しておりこれは飛躍的な数値です。

この10年間で価格の振れ幅は大きいですが、上昇傾向が高まったことでの振れ幅であり、今後も土地の価格が上がることが期待できる振れ幅と言えます。

多摩地区の中心地であり、立川駅は近隣エリアの人にとって必要不可欠なエリアです。
百貨店だけでなく大型商業施設が豊富にあるので都内まで出なくても立川駅周辺で必要な物資が一通り揃えることができます。
そのようなエリアであるため立川駅周辺エリアは地価が高く上昇傾向が続いています。

特に立川駅すぐの曙町エリアは地価が最も高く坪単価で1603万円です。
多くのエリアで地価の上昇率が5パーセントを超えており、これは今後も地価の上昇が続くことが期待できる数値です。

まだまだ土地の有効利用の方法を考えて様々な取り組みが期待されていますし、ファミリー世帯の転入を増やすための取り組みも期待されています。
自然が豊かであり、住宅環境も良いこと、都心へのアクセスが良いことを考えると生活がしやすく、通勤通学のために都心に出やすいですから、ファミリー世帯はとても生活しやすいエリアです。
そのため、このようなファミリー世帯がこれから増えて人口増加による地価の上昇が見込まれています。

板橋区

居住者の満足度の高い板橋区についてまとめてみました

板橋区は東京23区でも北西部に位置する地域です。
市街地が多く広がっているため、ランドマークとなるものがなく区外に住んでいる人の多くは板橋区と聞いても連想するものがないと答えることも多い地域です。
しかし、住んでいる人にとっては住みやすいとして満足度の高さが伺えます。

板橋区に住んでいる人の多くがまた板橋区に住みたいと思うことはとても多く、近隣の人気地域である江東区や文京区よりも満足度は高いです。
このような人気の高さの一番の理由が子育て環境として整っているところがあります。

緑がとても多くあり子育てがしやすいエリアということで、板橋区は特に主婦層から人気を集めています。
近くに大きな病院がありますし、病棟数が多く子供一人当たりの医師の数がしっかりと確保されているのも都内では珍しいことです。
目立った観光地はないですが、インフラが整備されているということは地域住民にとってとても満足度の高いことですし大事にしたいポイントでもあります。

都心へのアクセスがよく、地下鉄で移動ができる

板橋区には都営地下鉄三田線、東京メトロ有楽町線、東京メトロ副都心線といった地下鉄が充実しています。
東京に住みたいと思っている人の多くは都心での生活に憧れるものです。
しかし、都心というのは物価も高いですし地価も高いので生活にかかるコストが圧倒的に高いです。

板橋区はこのように多くの地下鉄が走っているおかげで都心までのアクセスはとても便利で色々な場所に脚を運ぶことができます。
通勤通学も乗り換えてほとんどの場所に1時間以内で通うことが可能です。

また、地下鉄駅が中心ということで駅前は閑静な街並みです。
駅前に商業施設がないことで地味な印象が保たれますが、逆にそれが生活環境としては過ごしやすい場所を作っています。

板橋の地価価格はどれくらいなのか

板橋区の地価公示価格は141万円であり、これは都内で21位であり、全国的には42位です。
東京都内での位置付けを見ると決して高いものではないですが、地域としては全体的にどの地域でも上昇をしています。
そのため昨年からの前年比で3パーセント上がっています。

板橋区内でも大山エリア坪単価が350万円と高く上昇率も4パーセントです。
それ以外の地域もときわ台や成増、板橋本町といったエリアも人気を集めており、どこも地価公示価格は5パーセント近く上がっています。
今後もファミリー世帯が増えることが予想されていますから、地価はほとんどの地域で値下がりすることなく現状維持と、上昇を見せることが予想されており、安心して土地の購入ができる地域であると言えます。

三鷹市

住みたい街上位にランクインする三鷹市について知っておこう

住みたい街にも常にランクインする三鷹市は、東京都の中央部にあります。
面積は約16平方キロメートルと広大です。
23区外ではあるものの、生活環境が整っていること、交通アクセスがよく都心まですぐに出ることができることから多くの人が生活をしています。

東京都のほぼ中央にあり近隣する地域には杉並区、世田谷区、小金井市、調布市、武蔵野市があるので落ち着いた生活環境が整っています。
古くは湧き水に恵まれた土地であるために農耕も盛んでしたが関東大震災後に住宅地化が進んで団地開発によって人口が大幅に増加をしました。
その後、中央線が走っていることでどんどんと住宅地が広がり自然を残しつつも商業施設や住環境が整ったバランス良い生活環境が出来上がったことで住みたい街の上位をキープし続けています。

文化的施設も豊富です。
三鷹の森ジブリ美術館をはじめとした文化的な施設が多くあるので市街から訪問する人も多く観光地としても栄えています。
デートの定番スポットとしても知られる井の頭公園も有名です。

人口増加率は高い地域

三鷹市は生活しやすい地域であるためにファミリー世帯の転入率も高いです。
そのため人口増加を続けており、助成金制度もあります。
しかし、人口増加に保育制度の整備が追いついておらず待機児童もまだまだ多いです。

駅南口の再開発が進められており、これによって市民の新たな憩いの場を建設するための動きは進んでいます。
災害対策にも活躍する施設になることを目指しており、さらにファミリー世帯が安心して過ごせる街づくりを推進しています。

三鷹市の地価相場

過去10年の平均地価データを確認すると2008年にピークを迎え一度下降傾向が見られました。
その後驚異の上昇率を見せてピーク時に近い状態に戻りつつあります。

これによって地価公示価格は161万円で全国20位です。
これは東京都内では23区外では武蔵野市に次いで2位です。

上昇率としては現在あまり高くありません。
まだ再開発によって新たな施設が出来上がっていないこと、タワーマンションをはじめとした新たな住環境ができていないということが理由です。

人口増加は見込まれていますがあくまでも住宅購入をして住む人よりも賃貸物件に住む人が多く、これにより地価が上昇していないことへと繋がっています。
今後は再開発がさらに進んでいきますから上昇率は上がることが予想されています。

現状安定的に高い地価を維持することができていますし、大幅に下降傾向になることは予想されていません。
そのため今の資産価値を維持しつつ再開発が終了する時期から上昇傾向が強まることが予想されている状況です。

江東区

オリンピック開催で注目が集まる江東区

江東区は近年発展著しいエリアです。
元々は下町として栄えていましたが豊洲や有明といったベイエリアの発展が著しく、ショッピングモールやタワーマンションがどんどんと建設されています。
都市開発にも計画的で地下に電線類が埋没されていますし車道も広く移動しやすいフラットな歩道が多いです。

このような取り組みの一端となっているのが2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けての準備です。
オリンピックのための街整備も今後どんどんと進むことが決まっているので、さらに開発が進み商業地としても居住地としても人気が高まっています。

内陸部は東京駅から約5キロメートルというアクセスの良い場所にありながらも清澄庭園や運河があり水と緑の豊富さで人気です。
住宅地としても江戸時代初期から多くの人が集まっており、下町情緒も残っています。
近年では再開発エリアもあり、マンションも建設されています。

大幅な人口増加で街の整備が進む地域

タワーマンションが増加すれば人口は爆発的に増加をします。
そうすると困るのが学校や保育園、病院といった施設です。
これについては特に問題となっているのが待機児童の問題であり、解決に向けて急ピッチで対策が進んでいます。

2007年から認可保育園と認証保育園とが59施設増えており、定員数は3000人増えました。
さらに増員するための準備が進んでおり、待機児童の大幅削減に向けて動きつつあります。

それ以外にも子供が生活しやすい環境を整えるために、高齢者と子供が同じフロアで交流できる施設も建設しており、これは先進的な取り組みです。
文化関連の施設についてもどんどんと建設が進んでおり、図書館や区の出張所といった施設も入り利便性の高い地域を目指しています。
医療施設も整備が進んでいますから、ファミリー世帯は生活のしやすい地域です。

資産価値急上昇中の江東区

江東区は豊洲の開発によって商業施設が増えたこと、ニューファミリー層の転入が増えたことで一気に人気エリアへと生まれ変わりました。
それによって人口増加、資産価値上昇の傾向が止まりません。

さらに、工業跡地も多いので、そのエリアの再開発が進んでいます。
そのため、新たな高層マンションが次々と出来上がっており、この10年で人口は10万人以上増加しています。
これに伴うインフラ整備も次第に落ち着きつつあるので、さらに生活しやすい環境となったことで地価の上昇が続く見込みです。

地価も上昇を続けており、現在の江東区の地価が169万円ですがさらに上昇する見込みです。
都内でも地価ランキング19位ですが今後もオリンピックに向けて順位が変動するといわれています。

墨田区

ランドマークの登場で一躍住みたい街になった墨田区

墨田区といえばスカイツリーのある場所です。
観光地として人気が集まっているのはもちろんですが、ランドマークができたことでさらに人口も増加しています。
人口密度も高くなっており、現在では人口密度は全国で7位です。

シニア世代が多く住んでいることでも知られています。
墨田区の65歳以上の人口は22パーセントとなっており、これは23区内でもかなり高い数値です。

生活のしやすさと最先端との融合

墨田区は昔ながらの下町でありながらもスカイツリーに見られるように最先端の建造物も増えています。
そのため、昔と今との街並みが並んでおりとても面白い街となっており、そこも人気の理由です。

昔ながらの街並みのエリアは下町情緒が残っており人とのコミュニケーションも盛んで古き良き日本の生活が過ごせます。
そのためファミリー世帯も安心して子育てができるとして人気です。

千葉よりのエリアは新興住宅地であり千葉方面へのアクセスはとても優れています。
多くの人は東京都内へのアクセスは気にしますが千葉へのアクセスはあまり気にしません。

しかし、千葉は最近どんどんと再開発が進んでおり商業施設や学校、オフィスも増えています。
そのため千葉への通勤通学をしている人も多いですし、休日に千葉に出かけるという人も多いのです。
千葉へのアクセスは大多数の人の移動と逆方向に進むので都心に出るよりも楽ということで、千葉エリアへ出ることが多い人には墨田区は利便性が高いとして人気なのです。

墨田区の地価公示価格の推移

墨田区はスカイツリーの登場以来高層マンションや街の再開発が進んでおり人口増加率が高まっています。
そのため、地価も上昇傾向にあります。

地価公示価格は171万円であり、これは都内で18番目に位置します。
全国的にも32番目であり、確実に地価は上昇している状況です。

昨年に比べて3パーセントほど地価公示価格は上昇しています。
上昇率は全体的に高くなっており、エリアごとに見ると5パーセント以上上昇している地域も多いです。

特に地価が上昇しているエリアが錦糸町や両国エリアの再開発の進んでいる地域です。
昔の街という印象の強い場所ですが、今では高層マンションも増えており、生活環境も一変しています。

逆にスカイツリーエリアは第1期の土地開発が終了しており落ち着いている状況です。
そのため地価については上昇率2パーセントほどに止まっています。

ただし、押上を中心としたスカイツリーエリアは墨田区の中でも中心地であり、ランドマークとなる場所です。
そのため、そのような地域特性もあり今後も地価は緩やかでも上昇傾向にあると考えられています。