カテゴリー別アーカイブ: 土地相場~東京編~

小金井市

意外と地味?!小金井市はどのような地域か

小金井市は東京の中心部であり武蔵野台地の南北エリアに位置します。
市内にはJR・中央本線、西武多摩川線という複数の路線が走っており、特に中央本線については都心にアクセスしやすいということで特に地価が高く人気を集めています。

都心から25キロメートルと少し離れていますが、隣接している地域が武蔵野市、三鷹し、国分寺市といった落ち着いた地域です。
このエリアは人が住み始めたのは10000年以上も前と言われており、湧き水が多くあったことがその理由です。
黄金に値する豊富な水が出る、ということが黄金井と呼ばれ転じて小金井という地名となったとも言われています。

村だった時期には神奈川県だった時代もありました。
その後、東京に移管され、昭和33年に市制施行され当初は人口が4万人でしたが今では12万人まで増えています。

面積は11平方キロメートルと決して広くありません。
しかし、その中には東京農工大学、東京学芸大学、法政大学をはじめとした学校が多く立ち並んでいて文教地区としての一面もあります。
学校があることで自然豊かな街並みも広がっています。

レジャースポットや観光施設は目立ったものはありません。
ただ、自然を感じられる場所が豊富であるために生活環境はとても整った地域です。

氾濫対策もしっかりと行われている小金井市

小金井市は雨水浸透施設の設置率が50パーセントと世界一を誇っています。
この施設があることで下水道に流入する雨水を軽減することができるので、河川の水質改善や氾濫防止ができます。

もともと湧き水が多くあった地域であるため地盤の心配をする人も少なくありません。
そこで、取り組みとして氾濫防止策を万全にして生活環境を守るための取り組みをしているのです。

小金井市の土地評価額はこんな金額

小金井市の地価公示価格は124万円であり、これは東京都内では24番目に位置しています。
地価として最も高い地域は、武蔵小金井駅すぐの場所であり、この地域は449万円です。
2番目の本町地域が160万円であることを考えると圧倒的な高さです。

参考として近い価格帯の地域を見ると、練馬区や国分寺市などが挙げられます。
現在は地価が安定的な状況を見せていますが、これから人口増加が見込めるエリアであるために上昇が期待されています。

特に通勤や通学の際に交通の利便性を求めて転入してくる人が多いこと、生活環境が整っていることでのファミリー世帯の増加が予想されています。
そして、その上昇に合わせて地域として対応ができるよう自治体も受け入れ態勢をどんどんと整えており、今後はさらに人口増加と地価の上昇が期待されている地域です。

練馬区

人気の居住エリア練馬区

練馬区は東京23区内でもあまり目立たない地域です。
ランドマーク的な建物もないですし、有名なターミナル駅もありません。
しかし、住みやすい環境は整っているエリアです。

練馬駅直結の大型商業施設がありますし、病院もあります。
練馬から少し移動すれば世界的なターミナル駅である池袋駅もあります。
閑静な住宅街も広がっていますから、落ち着いた生活をしつつ必要に応じて都心にも出やすい便利な地域です。

練馬区内には自然も多くファミリー世帯を中心に最近では人気を集めています。
練馬から池袋に出るのは10分ほどですから通勤通学で都心に出ることもさほど苦ではありません。
都心の喧騒の中で生活するよりは、多少電車での移動で苦労をしたとしても自宅でゆっくり過ごすことができること、広い部屋で過ごすことができることを優先したいと考えて移住してくる人も多くいます。

練馬区で人気のエリア

練馬区で人気のエリアとしては練馬駅周辺が最初に挙げられます。
練馬区の中心となるエリアであり、駅周辺には必要な商業施設が一通り揃っています。
駅から少し歩けば住宅街が広がっており、人通りも多いので大通り沿いは夜間でも子供や女性も安心して一人で歩くことができます。

次に人気なのが石神井公園(しゃくじいこうえん)エリアです。
この辺りは駅に近いところに商店街がありますから日常的な買い物では困りません。
さらにエリアの名前の通り公園があり、とても大きく緑豊かですから四季を感じながらの生活ができます。

同じ西武池袋線沿線にある中村橋エリアも人気です。
大型スーパーもありますし程よく自然が残っているのでファミリー世帯に特に人気です。

練馬苦の地価公示価格はどのくらいか

練馬区の地価公示価格は坪単価133万円で、これは東京都内で23番目であり、全国で45位です。
都内では決して高い地域ではないですが、だからこそ新居を構えやすいと考える人たちが多く人口は増加しています。

また、地価の上昇率としては前年比で2パーセントあり区内全体的に上昇傾向にあります。
特に上昇率が高いのはやはり練馬駅周辺のエリアです。
豊玉北のエリアは練馬駅から300メートルのところにあり坪単価390万円で区内最大であり上昇率も7パーセントと人気のエリアです。

石神井公園や氷川台といったエリアも人気を集めており、上昇率が5パーセントを超えています。
目立ったランドマークがなく地味な街、という印象がありますがだからこそ落ち着いた住環境であり生活はしやすいです。
今後もさらにファミリー世帯が増えることが予想されていますから、土地の価格は上昇することが期待されており、大幅に下降することはないだろうと考えられています。

立川市

東京多摩地区の中心部立川市

立川は周辺を8つの市に囲まれている多摩地区の中心部とも言える場所です。
市内にはJR中央線、青梅線、南武線が走っており都内と神奈川へとアクセスすることができます。

立川市はもともと幕府の天領として農業を中心として発展した地域です。
明治以降に立川駅や立川飛行場ができたことで人口増加が進み、商業地としても発展しました。
戦後には飛行場が米軍基地になり昭和52年に返還されるまでは一時的に墓地の街となりました。

市内でも多摩エリアは交通の要所として、立川駅周辺エリアは商業都市として発展をしていきます。
多摩モノレールが開通したことで市内の縦方向での移動が可能になり生活環境が一変したのです。
これによって立川駅はさらに商業施設が参入しましたし、市内の生活エリアが拡大されました。

立川は東京駅までも40分ですから都心へのアクセスもとても良い地域です。
自然も多いですし、立川駅周辺で必要なものが一通り用意できる生活環境の良さから人気のエリアへと変わっており、今後も成長することが期待されています。

立川市の土地価格の変動

立川市は地価公示価格が139万円と都内でも22位の地域です。
全国的にも高いものであり、上昇率も高いです。

ここ10年間の地下の平均価格を見ると2008年にピークを迎えた後下降傾向を辿ります。
2012年に下降傾向が止まり、そこからまた上昇を続けていきピーク時の価格まで戻っています。
特に2015年には地価の前年対比でみると22パーセントも上昇しておりこれは飛躍的な数値です。

この10年間で価格の振れ幅は大きいですが、上昇傾向が高まったことでの振れ幅であり、今後も土地の価格が上がることが期待できる振れ幅と言えます。

多摩地区の中心地であり、立川駅は近隣エリアの人にとって必要不可欠なエリアです。
百貨店だけでなく大型商業施設が豊富にあるので都内まで出なくても立川駅周辺で必要な物資が一通り揃えることができます。
そのようなエリアであるため立川駅周辺エリアは地価が高く上昇傾向が続いています。

特に立川駅すぐの曙町エリアは地価が最も高く坪単価で1603万円です。
多くのエリアで地価の上昇率が5パーセントを超えており、これは今後も地価の上昇が続くことが期待できる数値です。

まだまだ土地の有効利用の方法を考えて様々な取り組みが期待されていますし、ファミリー世帯の転入を増やすための取り組みも期待されています。
自然が豊かであり、住宅環境も良いこと、都心へのアクセスが良いことを考えると生活がしやすく、通勤通学のために都心に出やすいですから、ファミリー世帯はとても生活しやすいエリアです。
そのため、このようなファミリー世帯がこれから増えて人口増加による地価の上昇が見込まれています。

板橋区

居住者の満足度の高い板橋区についてまとめてみました

板橋区は東京23区でも北西部に位置する地域です。
市街地が多く広がっているため、ランドマークとなるものがなく区外に住んでいる人の多くは板橋区と聞いても連想するものがないと答えることも多い地域です。
しかし、住んでいる人にとっては住みやすいとして満足度の高さが伺えます。

板橋区に住んでいる人の多くがまた板橋区に住みたいと思うことはとても多く、近隣の人気地域である江東区や文京区よりも満足度は高いです。
このような人気の高さの一番の理由が子育て環境として整っているところがあります。

緑がとても多くあり子育てがしやすいエリアということで、板橋区は特に主婦層から人気を集めています。
近くに大きな病院がありますし、病棟数が多く子供一人当たりの医師の数がしっかりと確保されているのも都内では珍しいことです。
目立った観光地はないですが、インフラが整備されているということは地域住民にとってとても満足度の高いことですし大事にしたいポイントでもあります。

都心へのアクセスがよく、地下鉄で移動ができる

板橋区には都営地下鉄三田線、東京メトロ有楽町線、東京メトロ副都心線といった地下鉄が充実しています。
東京に住みたいと思っている人の多くは都心での生活に憧れるものです。
しかし、都心というのは物価も高いですし地価も高いので生活にかかるコストが圧倒的に高いです。

板橋区はこのように多くの地下鉄が走っているおかげで都心までのアクセスはとても便利で色々な場所に脚を運ぶことができます。
通勤通学も乗り換えてほとんどの場所に1時間以内で通うことが可能です。

また、地下鉄駅が中心ということで駅前は閑静な街並みです。
駅前に商業施設がないことで地味な印象が保たれますが、逆にそれが生活環境としては過ごしやすい場所を作っています。

板橋の地価価格はどれくらいなのか

板橋区の地価公示価格は141万円であり、これは都内で21位であり、全国的には42位です。
東京都内での位置付けを見ると決して高いものではないですが、地域としては全体的にどの地域でも上昇をしています。
そのため昨年からの前年比で3パーセント上がっています。

板橋区内でも大山エリア坪単価が350万円と高く上昇率も4パーセントです。
それ以外の地域もときわ台や成増、板橋本町といったエリアも人気を集めており、どこも地価公示価格は5パーセント近く上がっています。
今後もファミリー世帯が増えることが予想されていますから、地価はほとんどの地域で値下がりすることなく現状維持と、上昇を見せることが予想されており、安心して土地の購入ができる地域であると言えます。

三鷹市

住みたい街上位にランクインする三鷹市について知っておこう

住みたい街にも常にランクインする三鷹市は、東京都の中央部にあります。
面積は約16平方キロメートルと広大です。
23区外ではあるものの、生活環境が整っていること、交通アクセスがよく都心まですぐに出ることができることから多くの人が生活をしています。

東京都のほぼ中央にあり近隣する地域には杉並区、世田谷区、小金井市、調布市、武蔵野市があるので落ち着いた生活環境が整っています。
古くは湧き水に恵まれた土地であるために農耕も盛んでしたが関東大震災後に住宅地化が進んで団地開発によって人口が大幅に増加をしました。
その後、中央線が走っていることでどんどんと住宅地が広がり自然を残しつつも商業施設や住環境が整ったバランス良い生活環境が出来上がったことで住みたい街の上位をキープし続けています。

文化的施設も豊富です。
三鷹の森ジブリ美術館をはじめとした文化的な施設が多くあるので市街から訪問する人も多く観光地としても栄えています。
デートの定番スポットとしても知られる井の頭公園も有名です。

人口増加率は高い地域

三鷹市は生活しやすい地域であるためにファミリー世帯の転入率も高いです。
そのため人口増加を続けており、助成金制度もあります。
しかし、人口増加に保育制度の整備が追いついておらず待機児童もまだまだ多いです。

駅南口の再開発が進められており、これによって市民の新たな憩いの場を建設するための動きは進んでいます。
災害対策にも活躍する施設になることを目指しており、さらにファミリー世帯が安心して過ごせる街づくりを推進しています。

三鷹市の地価相場

過去10年の平均地価データを確認すると2008年にピークを迎え一度下降傾向が見られました。
その後驚異の上昇率を見せてピーク時に近い状態に戻りつつあります。

これによって地価公示価格は161万円で全国20位です。
これは東京都内では23区外では武蔵野市に次いで2位です。

上昇率としては現在あまり高くありません。
まだ再開発によって新たな施設が出来上がっていないこと、タワーマンションをはじめとした新たな住環境ができていないということが理由です。

人口増加は見込まれていますがあくまでも住宅購入をして住む人よりも賃貸物件に住む人が多く、これにより地価が上昇していないことへと繋がっています。
今後は再開発がさらに進んでいきますから上昇率は上がることが予想されています。

現状安定的に高い地価を維持することができていますし、大幅に下降傾向になることは予想されていません。
そのため今の資産価値を維持しつつ再開発が終了する時期から上昇傾向が強まることが予想されている状況です。