カテゴリー別アーカイブ: 土地・建物を作る

住宅瑕疵担保履行法

家を建てる、家を買うというのは人生において最大の買い物であり、長く住むことを前提としているので、いざ家を購入したり、建てたりした後にトラブルに巻き込まれるのは誰しもが避けたいものです。
ですが中には住宅を購入した業者が倒産してしまったり、購入した住宅に欠陥が見つかったりとトラブルは0ではありません。

そんな中でこういったトラブルから消費者を守る為に作られたのが住宅瑕疵担保履行法という法律です。

すべての新築住宅に適用される法律

特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保に関する法律というのが正式なものであり、2009年の10月1日以降に引き渡しが行われた住宅にはすべて適用されています。
全ての新築住宅が対象になっており、工事がすべて終了してから1年以内で、かつ人がまだそこに住んでいないことが新築の条件となっており、一戸建てだけではなくマンションなどの集合住宅、住居が対象となるので賃貸住宅なども対象となっています。

住宅瑕疵担保履行法が出来たことによって現在引き渡される新築物件は保険に加入するか保証金を供託することが前提となっています。
保険を利用する場合には一戸建ての場合は8万円前後と言った保険料を工事の着工前に支払うことで保険に加入することができ、住宅の規模や保険を提供している法人によって若干保険料が異なります。
災害保険などの様に地域による違いはありません。

供託の場合は引き渡された住宅の戸数によって供託金が異なるので一概には言えないのですが、業者が建物を建てる時に一戸口いくらという計算で供託金を法務局などの供託所に保証金として預けることで備えることが出来ます。
供託金に関しては業者が支払っているのですが後々の購入代金に上乗せされている形になるので保険加入と供託、どちらが得というわけではありません。

保証内容と保険加入のメリット

住宅瑕疵担保履行法で保証されるのは住宅の基本となる部分であり、基礎や柱、土台や屋根、外壁、開口部などです。
壁紙の剥がれやフローリングの傷などは対象にはなりません。

新築物件を購入する時に供託か保険加入かで迷わる人も多いのですが、どちらかと言えば保険加入の方がメリットが多くなります。
まず一つ目のメリットとしては工事中に検査があることで、着工前に保険加入に申し込むことが必要となるのですが、加入することで保険会社による現場調査が行われます。
建築に関する専門的な知識を持った検査員が行なうので欠陥などを未然に防ぐことに繋がるのです。

二つめのメリットとしては住宅紛争審査会に調停を依頼することが出来ることです。
もし万が一住宅に欠陥などがあった場合に業者との話し合いをスムーズに進めることが出来る機関であり、弁護士や建築士など専門的な知識を持った人が業者との間に入ってくれるものです。
保険に加入することで1万円で依頼することが出来ます。

土地・住宅売却の流れ

○土地や住宅を売るときはどうしたらいいの?
土地や住宅を売る場合、そこには必ず「手順」があります。
もちろん、売る場合はこの手順に沿って売らなければなりません。
また、土地を売るということは「何らかの事情があるからである」ということも忘れてはいけません。
先祖代々受け継いできたとちを、「維持することができない」と売らざるをえないこともあります。
税金などの問題から、手放す人もいます。
自分の先祖が大切にしてきた土地を自分が手放すということは、どんなにか辛いことかと思います。
だからこそ、その価値をきちんと解ってくれる業者に託すということが大事になります。
その土地にどんな思い入れがあり、どんなに大切なのかを解ってくれる人に託すということはとても大切なことなのではないでしょうか。

●まずは一括査定から
まず、土地を売る場合は「査定」から始めることになります。
査定というのは、その土地が一体どのくらいの価格で売れるのかを教えてもらうこと。
直接不動産屋に行ってやってもらってもいいですが、今は自宅にいながらいろいろな業者に査定をしてもらうことができる「一括査定」というシステムがありますので、このシステムを利用してみるといいかもしれません。
一括査定なら、インターネットで入力するだけで「自分の土地が大体どのくらいの価格で売れるのか」をおしえてもらうことができます。
最初はこの一括査定で査定をしてもらうという人が増えていますので、なんなら試してみてもいいでしょう。
そこでいい値段で買い取ってもらえるところを見つけたら、その不動産屋に連絡してみるというのもありです。
とりあえず、土地をみてもらって査定をしてもらったら、具体的な価格を出してもらいます。
その価格で納得できる場合は契約を結び、実際に土地を売る準備をすることになります。

●買主にみてもらう
土地を売り出すと、その土地を買いたいというひとがあらわれるようになります。
その人に実際に土地を見てもらいましょう。家がある場合は、家の中もきちんと見てもらいます。
もちろん、家の中などは綺麗にしておいた方が印象はよくなるでしょう。

もし買主が決まったら、売買契約を締結して手付金を受け取り、後に清算をすませて引き渡しになります。
土地や家を売る場合、長い時間がかかることもありますが根気よくまつことも必要。あせらずに待ってみることも大事なので、ぜひ実践してみて下さい。土地は売るのに手間もかかりますが、それでも手順をおってきちんと対応することも必要です。

個人賠償保険について

賃貸物件に入る際、この「個人賠償保険」に加入していることを御存知でしょうか。
この個人賠償保険、実はとっても使える保険のひとつで、賃貸物件に住んでいるときにとっても役に立つ保険のひとつなのです。そんな個人賠償保険について、お話をしてみましょう。
これは、「不動産取引のための「義務」となる保険ではありませんが、不動産を借りる際には非常に役立つものですので、ぜひとも加入してみて下さい。ほとんどの賃貸物件は、物件を借りると同時に加入が義務づけられるものですが、中には「自分で加入する」と言うところがあるかもしれませんので、注意が必要です。

○火災保険とセットになっていることが多いです
個人賠償保険とは、「自分が間違って自宅に損害を与えてしまった場合、その弁償代金を保険会社に払ってもらうことができる保険」のことです。例えば、マンションの水漏れ。自分の家から溢れた水が階下のお宅をぬらしてしまい、びしょぬれになってしまった場合は、濡れたものやマンションの床などを弁償しなければなりません。
水漏れが起きると、家の壁紙が汚れることもありますし、フローリングのフロアをはがして張替えをしなければならない時もあります。またそれだけでなく、工事が入る場合は「工事をしている間の住人の家」などについても、保証をしなければならない可能性が出てきます。
この水漏れで、数百万円の弁償をしなければならなくなった人もいるくらいなので、どれだけ大変なものなのかが解るでしょう。だからこそ、保険に加入をしておいて「いざと言うときに頼ることができる様にしておく」と言うことが大事になるのです。いざという時の保険は、とても大切なものになるのですね。
しかし、保険会社から支払われる金額は「時価」であり、すべての金額が支払われるわけではありませんので、その点は気をつけておかなければなりません。つまり、10万円のパソコンが濡れてしまったとしても、そのうちの3万円しか補償されないということです。これは、加害者と被害者の間でしばしば議論になるようなので、きちんと調べておく必要があるでしょう。

○保険に入っておくメリットは高い
はっきり言って、賃貸住宅の揉め事はかなり多いです。
家主ともめることもありますので、その様な時に備えてしっかりと「頼ることができるもの」を作っておく必要があると考えて良いでしょう。賃貸物件と言うのは、私たちが思う以上にトラブルの嵐ですので、そのことを考えた上での保険選びをしておかなくてはなりません。

ビル衛生管理法の改正

ビルに関する有名な決まりごとに、「ビル衛星管理法」がありますよね。
この法律は有名なので、恐らく「知っている」という人も少なくないはずです。
特に、ビルを所有している人にとっては、一番身近とも言える法律なので、「ああ、知っている」という人も少なくないと思います。
このビル管理法、実は平成15年に改正されていることをご存知でしょうか。
法律というのは、時期をみていろいろな改正が行われることが当たり前なのですが、実はビルに関する法律も、少しずつ変化しています。
では、どんな風に変わったのかを、少しだけご紹介してみましょう。

・掃除に関して
大掛かりな掃除を、半年に一度は必ず行うように義務付けられました。
もちろん、日ごろから掃除はしているでしょうが、それに加えて「より綺麗にすることができる清掃」を、実施するということです。
この様に、半年に一度の割合で大掛かりな精巣をすることができれば、ビルの衛生面はますます改善されるはずですよね。
より、ビルを綺麗につかうことができる様に、という法律ではないかと思います。
また、ねずみに関しての防止策もとられるようになりました。
大きなビルになると、その中にねずみが住み着いてしまうこともあるでしょう。
実際、建物にねずみは住み着きやすいので、何も手を打たなければ、ねずみがでてくる可能性もあるのです。
でも、衛星の面で「ねずみがいる」ということは非常に大変なこと。
だからこそ、半年に一度はねずみがいないかどうかを確認し、いるとわかったら駆除をするようなくふうが必要になるのです。
ビルの法律の中にねずみの駆除に関するものが含まれているなんて!と思われがちですが、こういう法律があるからこそ、ビルを清潔に保つことができるのでしょう。

他にも、水質の改善や空気の循環に至ることなどに関して、ビル衛星管理法では細かい設定が行われています。
管理者にとっては大変な手間ですし、細かい法律だと思いますが、こういった法律をしっかりと作ることで、私たちはビルの管理を問題なく利用することができるのでしょう。

・ビルの法律は、私たちも知っておきたいもの
いつも利用するショッピングモールなども、実はきちんとした法律に沿って作られています。
こういった法律について勉強することで「なるほど」と思える様なことがあるかもしれません。
ビルを管理する為に必要なこの法律、一度は徹底的に勉強をしてみると、面白いかもしれません。
また、その法律を知っていると、ビルを歩くのが楽しくなるかもしれません。

建築基準法

建築をするために、何よりも大切なものになるのが「建築基準法」です。
建築時には、この建築基準法を遵守する必要があります。
そして、基準を満たさない場合は法律に基づき罰せられることにもなってしまいます。

建築基準法で一番よく知られているのは、「耐震」ではないでしょうか。
阪神大震災以降、建物の耐震基準の見直しが進みましたから、その時に注目された建築基準法についてご存知の方も多いのではないでしょうか。

あの耐震基準も、建築基準法の中に含まれている決まりごとのひとつ。
そのことでもわかると思いますが、建築基準法はすべての基本になるものとなっているのです。

▼建築基準法の目的
建築基準法が作られた目的は、「建物の基準をしっかりと整えることで、そこに住む人の命を守る」ということにあります。

たとえば、建物の造りが甘いものであれば、どこかを壊して人が侵入してくるかもしれません。
また、地震が起きたときに潰れてしまい、人の生命を脅かすかもしれません。
だからこそ、建築基準法を定め、その範囲の中で建築をするというのは、とても大切なことになるのです。

建築物は、色々な意味で人にとって大きな財産になるもの。
だからこそ、安全で安心して利用することができる様な建物にしなければなりません。
この建築基準法は1950年に施行されていますが、その後に少しずつ改正され、時代に合わせたものに作り変えが行われています。

▼再建築不可の物件
建築基準法のについて調べてみると、42条に「接道義務」というものがあるのを見つけました。
これは、建物を建てる時に道路に側の土地の大きさが、4メートル以上なければならないという法律のこと。
この基準を満たしていない土地に建っている物件は「再建築不可物件」になるそうです。

現在の建築基準法を満たしていない土地に建物が建っている場合、仮にその建物が劣化して建て直しが必要になったとしても、新築にすることができません。
ですが、建物が使用出来ないから「再建築不可物件」と言うことではありません。

再建築不可だから今後手をつけられないのかというとそういうことはないようです。
更に調べてみたら買取を行っている不動産会社もありました。
接道義務についてもイラスト付きで解説しているのでわかりやすいです。
>>>再建築不可と不適合接道について|株式会社マーキュリー

不動産にも色々な種類があるのですね。
こうしてみると、不動産業界の奥の深さがよくわかると思います。