カテゴリー別アーカイブ: 土地・建物を売却する場合

売出価格を決める方法

売出価格とは

所有している不動産をこれから売却しようとする場合、ほとんどの人がまず最寄りの不動産会社に相談に行くでしょう。
個人的に知り合いや親類など直接交渉できればよいのですが、その場合も不動産の価格を正しく把握するのは大変難しいことです。

不動産会社に行くと、現在売りに出されている土地や建物の情報がいくつか閲覧できるようになっていますが、このときに表示されるのが「売出価格」です。
売出価格は、文字通りその金額でならこの物件を取引しますよという価格のことで、その後の交渉により多少の上下があるにしても、基本的にはその価格で売買がされます。

普通の品物の売買の場合、価格は仕入れ価格に必要経費と利益分をつけて販売価格としますが、不動産の場合はまずその不動産の相場を調査して、そこから売出価格を決めていくことになります。
この時に基準になるのが周辺の取引価格や状況で、毎年発表される路線価や周辺の地価から、その不動産の評価額を決めていくのです。

評価額の査定は不動産鑑定士などプロに依頼をすることが多く、不動産会社に依頼することでその会社が提携している鑑定士に調査をしてもらいます。
ただし、そこで算定される評価額はあくまでも参考価格であり、必ずしもその額面通りに価格をつける必要はありません。

不動産売買をする時も他の品物の売買をするとき同様、価格によって購入者を募りやすくできるので、そのあたりの駆け引きを考えてつけていくようにします。

決め方のコツ、妥協のタイミング

どうせ同じ不動産を売るなら、できるだけ高く売りたいと考えるのは当然です。
しかし地方都市など周辺の地価が下落傾向にある地域では、購入価格や自分が想定していた額と比較してかなり安い評価額がつくこともあります。

さらに不動産売買を会社を通して行う場合にはそこで仲介手数料などが発生しますし、その他登記や税金などかなりの経費がかかってくるでしょう。

反対に、周辺の土地がぐんぐん値上がりしている人気の不動産なら、強気で現在の評価額よりも高い金額を提示することもできます。
もちろんただの「売出価格」なので、周辺の取引額を無視して非常に高い金額をつけることも可能です。

不動産会社を通す場合、会社としても売却をしたいと考えることから「このくらいの金額なら買い手がつきますよ」という参考価格を教えてくれます。

複数の不動産会社に媒介契約を依頼すると会社により売出価格の参考額が異なる場合もあるでしょう。

どのくらいの額で妥協するかは、金額と取引までのスピードとどちらを優先するかによって決めることになります。
媒介を依頼する時にはその担当者になぜその金額になるかを詳しく説明してもらい、どこで妥協するかを相談してみるとよいでしょう。

高く売るために

●土地を売るなら高く売りたい
誰もがそうですが、どうせ土地を売るなら高く売りたいものです。
これはお金の問題もそうですが、土地を売る場合は「先祖代々受け継いできたものを売る」ということも多いので、少しでもその価値を認めてほしいという人が多いのでしょう。
大切な土地だからこそ、適当な売り方はしたくないということです。これはなんとなくわかりますよね。
しかし、土地や建物を高く売るにはそれなりの工夫をしなくてはなりません。
黙っていて、土地を高く売ることができるほど甘くはないということでしょうか。
では、土地を高く売るためにはどうしたらいいのかをまとめてみました。

○まず、土地の相場を知らなければならない
まず、必要なのが「土地の相場を知る」ということです。
いくら高く売りたいと思っていても、1000万の価値の土地に3000万の価値はつきません。それではバブルのような構図になってしまいますからね。
なので、まずはその土地の相場を知ることが大事です。
周囲の土地をみると、大体「どのくらいの価格で売られているのか」が解るでしょう。
このように「相場を知る」ということは本当に大切です。相場を知った上で売りに出さないと、「高すぎて誰も買わない」などということになり、時間が無駄になってしまう可能性もあるでしょう。
また、自分の土地の相場を知っておくというのは「土地を売るときに大体の相場で交渉できる」ということにもつながりますので、ぜひ学んでおいてください。

○その土地をどう使うのかが一番いいのかを考える
また、その土地をどう使うのかが一番いいのかも知っておかなければなりません。
田んぼや畑ばかりのところに駐車場を作って売れるでしょうか?
逆も同じで、ビルばかりのところに田んぼを作ったところで売れませんよね。
だからこそ、その土地を使うならどの用途が一番いいのかを考えましょう。
その用途によって、土地の価格もずいぶんと変わってきます。適正価格を知ることができやすくなるのは最大のメリットではないでしょうか。
ぜひ、この「用途」の部分を意識してみてください。

土地は、業者はできるだけ安く買いたいと思うでしょうし、売る側は少しでも高く売りたいと思うものです。
意識の相反がある関係を結び付けるのは大変なことですよね。
でも、お金と言う以前に「縁」ということを考えれば、お互いが気持ちよく取引をすることができるような関係でありたいものです。これから土地を売るみなさんも、そこを意識してみてほしいですね。

土地・住宅売却の流れ

○土地や住宅を売るときはどうしたらいいの?
土地や住宅を売る場合、そこには必ず「手順」があります。
もちろん、売る場合はこの手順に沿って売らなければなりません。
また、土地を売るということは「何らかの事情があるからである」ということも忘れてはいけません。
先祖代々受け継いできたとちを、「維持することができない」と売らざるをえないこともあります。
税金などの問題から、手放す人もいます。
自分の先祖が大切にしてきた土地を自分が手放すということは、どんなにか辛いことかと思います。
だからこそ、その価値をきちんと解ってくれる業者に託すということが大事になります。
その土地にどんな思い入れがあり、どんなに大切なのかを解ってくれる人に託すということはとても大切なことなのではないでしょうか。

●まずは一括査定から
まず、土地を売る場合は「査定」から始めることになります。
査定というのは、その土地が一体どのくらいの価格で売れるのかを教えてもらうこと。
直接不動産屋に行ってやってもらってもいいですが、今は自宅にいながらいろいろな業者に査定をしてもらうことができる「一括査定」というシステムがありますので、このシステムを利用してみるといいかもしれません。
一括査定なら、インターネットで入力するだけで「自分の土地が大体どのくらいの価格で売れるのか」をおしえてもらうことができます。
最初はこの一括査定で査定をしてもらうという人が増えていますので、なんなら試してみてもいいでしょう。
そこでいい値段で買い取ってもらえるところを見つけたら、その不動産屋に連絡してみるというのもありです。
とりあえず、土地をみてもらって査定をしてもらったら、具体的な価格を出してもらいます。
その価格で納得できる場合は契約を結び、実際に土地を売る準備をすることになります。

●買主にみてもらう
土地を売り出すと、その土地を買いたいというひとがあらわれるようになります。
その人に実際に土地を見てもらいましょう。家がある場合は、家の中もきちんと見てもらいます。
もちろん、家の中などは綺麗にしておいた方が印象はよくなるでしょう。

もし買主が決まったら、売買契約を締結して手付金を受け取り、後に清算をすませて引き渡しになります。
土地や家を売る場合、長い時間がかかることもありますが根気よくまつことも必要。あせらずに待ってみることも大事なので、ぜひ実践してみて下さい。土地は売るのに手間もかかりますが、それでも手順をおってきちんと対応することも必要です。